カテゴリ:はじめに( 1 )
Reason
何かを思うと、その前にも後にも言葉がある。
人と人との間を埋めるのも言葉である。
思ったことは、たいがい言葉にしないと伝わらない。
形式に慣れすぎて、言葉を当たり前に扱うようになると、
不本意に歪んで届くことがあるのを忘れてしまう。
思いのほか言葉は恐ろしいものだ。
私の言葉はウレタンのように、
些細な衝撃であっけなく歪んでしまうので、
歪んだ言葉は当然のように歪んで相手に届き、
ただでさえ私の体を離れる瞬間から歪み始めるのに、
届くころにはこぼれ損ねたかけらしか残らない。
それでも私は、未だにそれをどうすることもできない。
言いたくても言えないこと、言いたくないのに言ってしまったこと、
言わなくても良かったこと、本当は言わなきゃいけなかったこと、
日常にはそういった不本意な言葉が溢れているので、
素直な感覚を書き留めたくて、この場をつくりました。
[PR]
by naho929 | 2004-05-07 19:02 | はじめに