<   2004年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧
冷静と情熱のあいだ—Rosso/江國香織 著
a0016447_13325890.jpg私は女流作家に縁遠くて…といってもその縁は自分で選択しているものなのでそうやって受動的に表現するのは間違っているのかも知れませんが、江國香織さんも、名前は知っているけど読んだことがない、そんな作家さんの一人でした。

前々回の芥川賞、史上最年少の2人が受賞したあの時に、
騒然とした文壇の片隅でひっそりと直木賞を受賞されていたのが江國さんでした。
それで読んでみようかな…と思い立ってから暫く経ったあるとき、ブックオフでまずはさわりとして…なんて
100円均一棚のところから見つけたのがこれです。
その昔、映画を観に行った友達がボロクソ言っていて、
私的にはあまり気の進まない1冊ではあったのですが、
何せ100円のものがこれしかなかったのです。

この話は、辻仁成さんとのコラボ企画だったということで、
そこに最大の重点が置かれていたのかも知れません。
某サイトでは、ファンの方が酷評をしていた記事を発見しましたが、
でも私はそんな風には思いませんでした。
(もしかしたら他の著作を読めばそう思うのかも知れませんが)

私が感じた彼女の文体の印象は、
そつなく暑苦しくなく、でも決して軽いわけではない。
油断して読んでいると、時々ふいに心臓の近くまで手が伸びてきて、
はっとすることがある。
というかんじでしょうか。

文章というものは、どれだけ読む人の心臓を掴めるかだと思います。
日本の女流作家ものはたまにしか読まないのですが、
誰かさんのように独り善がりではなく、
誰かさんのように男勝りに粗雑でもない。

私の気に入るかたちに、nearな文体なのかも知れないと思いました。
[PR]
by naho929 | 2004-08-31 14:18 |
タンバリン痣
a0016447_2223733.jpg
先週末の夜通しのカラオケで、
なんとタンバリン痣ができました。
写真では良く判らないかも知れませんが、
パッと見、デッサンしてて鉛筆で汚れてしまったような感じです。

こんなの、はじめて。
[PR]
by naho929 | 2004-08-31 02:24 | 思うこと
Pioneers Who Got Scalped/DEVO
a0016447_21442893.jpg私の旧型ipodは、DEVOが大好きです。
気がつくとよくまあ流れているなあと感じるのですが、それもそのはず、このアルバムは2枚組で計50曲近く入っているのですね。
余り彼らについて多くを知らない私ですが、ふといいなと思ってipod画面を覗くと、彼らだったりします。
今朝もそんなことがありましたが、一体どの曲だったか…
でもDEVOと聴くと、ビジュアル的にどうしてもミスタービーンを思いだしてしまうというのが正直な意見でございます。
[PR]
by naho929 | 2004-08-30 22:00 | 音楽
アクセスカウンターが
a0016447_2124430.jpg
こんなことになっていました。
よく解らないけど、何だか凄くないですか?
[PR]
by naho929 | 2004-08-30 21:23 | もの・できごと
青汁うまい
a0016447_21152112.jpg最近ハマッているものがあります。
それは青汁です。
あの、「まずい!もう1杯!!」ってCMで言ってたあれです。

昔から一風変わった味覚を持っていると自覚していますが、
こんなに青汁を美味しく感じるとは…
やっぱり元祖キューサイの青汁が一番美味しくて、コンビニでも売ってるファンケルのは、クセがなくてイマイチです。

普通皆、あの臭みをとろうとして、牛乳で割ったりレモンを入れたりあくせくしていると思われますが、
私の場合はあれが消えると厭なので、もろストレートで飲みます。

他にこういう人って居ないでしょうか?
私だけですか…
[PR]
by naho929 | 2004-08-30 21:21 | もの・できごと
オリンピック閉会
a0016447_1124221.jpg
(C) Asahi Shimbun. ※写真はオリンピックのものではありません。
ついにオリンピックも終わってしまいました。
それほど入れ込んで観ていたわけではありませんが、
中盤にさしかかったあたりでかなり自分的に盛り上がりました。
メダルだらけで本当にすごかったですよね!
私が一番興奮して観たのは女子レスリングで、
それはやっぱり私が学生時代剣道をやっていたためかと思います。
格闘技つながりということで。
実際色々喚起されることが多く、とても感動しました。
吉田選手の圧倒的な強さもさることながら、
私が1番拍手を送りたいのは伊調千春選手です。
決勝直後、それまでのポーカーフェイスが悔しさに微かに歪んだのを見たとき、
胸が苦しくてたまらなくなりました。
それでもメディアの前で悔し涙を流さなかったあの根性は、
本当に素晴らしいと思います。
[PR]
by naho929 | 2004-08-30 11:38 | 思うこと
穴に落っことそうとする人
怒 FROM 喜怒哀楽

会っていつもとちょっとテイストの違うカッコとかしてると、
指摘…だけならいいけど批判してくる人っていますね。
まるでこっちが何か悪いことをしたように、
穴に落っことそうとするかのごとく。

今日〜※ここには褒め言葉はあまり入らない〜みたいじゃない?
今日前髪大丈夫?
今日目の上青いんじゃない?※アイシャドウのことを言っている)」

ギャグの範疇に入るものや、ただ感想を添えるような言葉だったらいいんですけどね。
ああいう人たちは一体何を考えてそういう言葉を発しているのか。
私何か悪いことした??って思っちゃいますよね。
強欲なんでしょうか?
気にかかったことは口にしないと済まない、みたいな。
それとも欲求不満??
思いやりが足りないか、相手の胸中が察せないほど了見が狭いとしか思えません。

ちょっと言い過ぎました。

私は本当に小さいころからそういう言葉に敏感な子供だったので、
褒める以外はそういうことわざわざ言ったりしません。
だって相手が厭な気分になるのわかりますもんねえ。
まあそういう言葉が無いと、客観的にどう見られているのか解らないというのはありますけれど…。
[PR]
by naho929 | 2004-08-28 13:44 | 思うこと
あんたが大将
永遠のスラムダンク

ksandmanさんのところで、
スラムダンクの一億冊突破記念サイトのアドレスを見つけたので、
早速行ってみて、「あんたが大将!」とコメントしてきました。
余裕のある方は捜してみて下さい(笑)

私の数少ない漫画人生において、
やっぱり金メダルはこの漫画かなと思います。
泣いて笑って、新刊を待ち遠しく感じたのも記憶に新しいです。

いつも脇役を好むあまのじゃくな私も、
ここでは花道が一番好きです。

ちなみにアドレスを登録すると、井上先生からお礼のメールがきますよ。
[PR]
by naho929 | 2004-08-27 01:10 |
白夜/ドストエフスキー著・小沼文彦訳
a0016447_22441827.jpg夢のように淡く燃え散ってしまった、儚い恋の物語。

誰にでも、何気なく小さな慕情を抱いてしまう経験ってあると思います。
それから2人の間の些細な事件が思いも寄らず薪になり、
こつこつとくべられてゆく間に恋の炎が燃え上がり、
キャンプファイヤーができる頃になってようやく、
この火を燃やしていたのは私だけだったんだ!
…なんていう衝撃的事実を知るのです。

振り返ると私そんな経験だらけのような。

期待し過ぎる恋愛は、賭け事と同じで、得てしてリスクが大きい。
そこに更に毒を盛るのが妄想力であると断言します。

ドストエフスキーは珠玉のロマンティストなんだと思います。
そういう人々は思いのほか脆くて儚いので、
バリケードとしてたいらで堅い現実を厳しい視線で見据えあげるのです。
(そのベクトルが罪と罰やカラマーゾフの兄弟などに行き着くわけです)
あまりにも極端な一面があるからこそ、
もう片面で端的なバランスをとらなければ生きていけないのではないでしょうか。

そして根が童貞な私らにとっては、モテたい願望は永遠なのです。

でも最近の女性美容雑誌の、「モテ眉」「モテリップ」「モテアイライナー」
ってなんでもかんでも「モテ」ってつけんじゃねーって思いますよね。

あと最近創刊した集○社の雑誌の、ラヂヲCMがうざくてむかつきます。
次流れたら訴えてやろうかと思うほどです。
基本的に集○社の雑誌のラヂヲCMは、
私にとってうざくてむかつくようにできてるようなんですが。

すみません、ゴールゲートを放り投げたので何の感想にもなっていないし
支離滅裂で読めたものではないですが、このままアップすることにします。
[PR]
by naho929 | 2004-08-27 00:49 |
CAFE BAR 12にて展示の告知
残暑の続く中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、この度友達が営む下北沢のお店『CAFE BAR 12』が
8月で1周年を迎えることになり、
その記念として行われるTシャツ展にTシャツ作品を出展することになりましたので、
告知させていただきます。
私の他にも26〜7人の方が参加されていて、
ちなみに前半の14人分はもう終わってしまったのですが、
後半は8月23日〜9月12日までです。
狭い店内でじっくり見るのは困難ですが、
時間が空いた方はお酒を飲みがてらにでも遊びにいってみて下さい。
ちなみに、私はほとんど100%お店にはいないと思いますが(笑)
a0016447_14103637.jpg

ADD:155-0032 世田谷区代沢2-20-11
OPEN:13:00〜18:00/19:00〜29:00 定休日なし
TEL:03-3410-5345
[PR]
by naho929 | 2004-08-26 14:39 | 写真・アート