人気ブログランキング |
一番を
私の友達の上司、ある大アパレルメーカーのえらいひとが、
その私の友達に伝授した言葉を、私はよく思い出します。
「ものを見た時は、必ず自分の一番を決めろ」
例えば展覧会に行ったり、お店に行ったり、雑誌を見たり、
何でも同じ土俵上に羅列したオブジェクトを見た時は、
常にその中から自分が一番良いと思ったものを厳選しろ、ということです。
それを聞いた当時も、「ほほぅ、なるほど」と思いましたが、
その意味を痛感するのはやっぱり、
仕事の厳しさで打ちのめされている時です。
一律にクリエイティブな仕事というのは、
常に選択することを余儀無くされます。
例えば雑誌の1ページをデザインする時、
できあがったレイアウトの背景は黄色でも、
それははじめから黄色と決まっていたわけではありません。
それをデザインしたデザイナーが、「背景は黄色にしよう」と決めたので
背景は黄色になったわけです。
同様に、編集者だってコピーライターだって、
画家だってイラストレーターだって、
色んな事柄を決定し続けた集大成が、
本なり絵なり雑誌なりの、いわゆる作品になっているわけです。
この「決定」という行為が、人生において重要なキーポイントに
なるのではないかと、最近ぽつぽつ思います。
私みたいな優柔不断はこの行為に、
人より割り増しのエネルギーを浪費…いや消費しています。
毎日修行、日々精進です。
by naho929 | 2004-05-29 01:42 | 思うこと
<< 幽霊たち/ポール・オースター 奇跡の海 [★★★★☆] >>