人気ブログランキング |
根暗
一人暮らしをしている人は、たいがいワンルームか1K、1DKなど、
一人暮らし向けの集合住宅に住まっているわけだから、
そうすると当然、いわば「同じ屋根のした」に住む同志が、
その集合住宅のキャパシティーの数だけいるはずです。
私も多分にもれずワンルームマンションに住まっているので、
最大、1つの階ごとに6世帯×3階建てで計18世帯、
「同じ屋根のした」で生活を営んでいると考えられるわけです。

さきほど空き缶を捨てに行った帰りに、
オートロックのドアを開けがてら、
チャリで帰宅してきた生娘に遭遇しました。
まだきっと二十歳そこそこのキャピキャピおしゃれキッズです。
かわいこちゃんには弱いので、親切にドアを開けてあげたりして、
すると次に中から出かける様子の男子2人組みにばったり。
こちらもオレンジレンジみたいな、タテノリモッシュ系キッズキッズです。
18世帯も住んでるくせに、意外となぜかはち合わせする事態って少ないんですよね。

こういうときの精神状態って、一般的にはどういうもんなんでしょう。
私はどちらかというとこう、なるべく正体を隠そうとする意識が働き、
正にそそくさという感じでその場を立ち去ります。
それは至って自動的なふるまいで、
よく考えれば別に芸能人じゃあるまいし、
顔見知りになったからって何の害もないという結論に辿りつくんですけれども。
もっとよく考えてみると、
逆に普段よく見知っている人でも家を知っている人ってすごく少ないわけで、
だから「家を知られている」ってことはいきなり王手をかけられたのと同じで、
窮地に追い込まれてもどこにも逃げだせなくなるような
幻想を抱かせる力があるように感じるわけです。
それって私がオープンマインドではない=ネクラである、
という証しなのでしょうか?
別にネクラ上等なので、ショックには思いませんけども、
考えてみると変な思考回路なのかも知れないなとふと思いました。
by naho929 | 2004-06-20 00:08 | 思うこと
<< LOOKING IN THE ... This is a magazine >>